このページではアフィリエイト広告を紹介しています

steinbergUR22cとMacでGarageBand。

音楽制作

steinbergUR22cは20000円以下で購入できて、必要な機能が揃ったオーディオインターフェースです。

私が、DTMを始めた理由は、楽曲をSNS投稿したいと思いたったからです。

初心者の私は、Macにsteinberg ur22cを繋げることができるか、非常に不安でしたが。

レノックス
レノックス

DTMとは、パソコンで音楽作成すること。

現在DTMを、steinberg ur22cで快適に楽しんでいます。

記事後半では、steinberg ur22cをM2Macにインストール方法を記載しました。

DTMを初めてみよう

【初心者でもできる!】音楽制作に技術や理論がいらない時代

steinberg ur22cの機能とPCを接続する

昨今の感染症騒ぎをきっかけに、オーディオインターフェースが品薄になりました。

用途は様々で、楽曲制作から、高音質でのライブ配信、オンラインでの打ち合わせと、今の時代求められる、音へのニーズ。

やはり私もギターの趣味を活かして情報発信をしたいと、steinberg ur22cを購入しました。

オーディオインタフェースとは?

ギターなどの楽器をパソコンに繋ぐために必要な道具がオーディオインターフェースですよ。

steinberg ur22cとは?

steinberg ur22cの魅力は、機能の網羅性です。

ボニー
ボニー

後から「この機能が欲しかった」

という後悔がないわ。

その網羅性は以下の通りです。

steinberg ur22cの特徴
  • コンパクトなデザインで、デスクの上にすっきり収まります。
  • パソコンとの接続はUSB Type-Cポートです。
  • 高音質が期待できます、USBの規格は3.1 Gen 1に対応しており、32bit/192kHzのサンプリングレートやビット深度が高音質をもたらします。
  • コンデンサーマイクが使えます、リアパネルに付いている+48Vスイッチをオンにすれば、ファンタム電源からの供給が可能。
  • ヘッドホン端子搭載でマイクからの入力音をモニタリング可能。
  • iPhoneやiPadも使用可能でドライバーはWindows・macOS・iOS・iPadOSと幅広く対応。

以前ベースの練習用に買ったオーディオインターフェースは音の遅延が気になったのでそれだけは避けたいと思っていました。

オーディオインターフェースに求める私のニーズは以下の内容です。

  • 値段が20,000円以内
  • ギターやベース録音に音の遅延がない。
  • Type-CタイプのiOSに接続できること。
  • MacまたはiPadで使用することが出来る。

この4点が決め手になり、レビューもよかったsteinberg ur22cを購入することにしました。

マイクの種類とは?

【ダイナミックマイク】steinbergUR22cでGarageBand。

不安だった点

  • 使用しているMacBookのM2に対応しているか?
  • MacBookへどう繋げるのか?
  • 使用するアプリのガレージバンドに出力できるか?

この点が初心者の私には不安でした。

steinbergのホームページより、steinberg ur22cのドライバーはMacに適応していることがわかります。

引用元:Steinberg Media Technologies GmbH

決断した理由は

決断した一番の理由は、MacBookにつなげるときのUSBの形状が一緒だったということです。

iPad Proも所持しているのでMacBookがダメだった場合iPadに繋げれば良いかと思っていて、まず優先順位の一番は、「確実に手持ちのデバイスに接続出来ること」でした。

レノックス
レノックス

steinberg ur22cをiPadに接続するには

iPad用のカメラアダプタが必要だ!

学ぶ人
学ぶ人

知らないと使えない、購入時は

端子の形状に注意よ!

iPadにはこれが必要だ!
テーブルにPCとオーディオインタフェースとギター

マニュアルによると本体をコンピューターで使う前に、以下の3つを準備してくださいとあります。

  • TOOLS for UR-Cのインストール
  • Basic FX Suiteのアクティベーション
  • Cubase AI (Daw)のダウンロード

とありました。

先ずはここから準備をしていこうと思います。

その前に内容物の確認をしてみようと思います。

開封して中身の確認をしてみましょう。

一番の不安だったのはUSBの形状です。

本体側はUSB-Cですが、パソコン側はUSB-Aです。

私の使用予定のデバイスは全てUSB-Cなのですごく残念でした。

マニュアルがないとのレビューをみかけたのですが、マニュアルに日本語説明がありましたので、その内容に沿って設定を進めていきたいと思います。

レノックス
レノックス

結果的には、iPadに付属していた

充電用USB-C端子で接続できました!

TOOLS for UR-Cのインストール

コンピューターに事前に入れる必要があるアプリケーションのようです。

steinbergのホームページにアクセスします。

同意を繰り返す。

アプリケーションからユーティリティそしてオーディオMIDI設定

インターフェースは認識されているようです。

ベースを繋げてみます。

ベースを引いても上記のメーターには変化が無く、MacBookからも音が聞こえないので不安になる。

MacBookとsteinberg ur22cと繋いでいるiPadの付属充電ケーブルが悪いかもと疑い始める・・・

ガレージバンドを起動してみます。

オーディオインターフェースを認識しました。

そして音も入力されていることがわかります。

TOOLS for UR-CのインストールのみでGarageBandが使用できたので、以下はダウンロードしませんでした。

  • Basic FX Suiteのアクティベーション
  • Cubase AI (Daw)のダウンロード
早速始めましょう!

まとめ

音質の良い悪いの判断は私にはわかりませんが、MacBookのM2とsteinberg ur22cで快適に音楽を録音できる環境を手に入れることが出来たことに感動しました。

心配していた3点は問題なく満足出来る買い物だったと感じています。

  • ギターやベース録音時に音の遅延がない
  • Type-CタイプのiOSに接続できること。
  • MacまたはiPadで使用することが出来る。

インスタグラムの投稿に使用する音楽を快適に作成できていますよ。

ご覧いただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました